上野鈴本演芸場 10月上席夜の部

image.jpgこの日はトリの柳家小三治目当てに聴きに行きました。
前日まで林家木久翁と木久蔵の親子W襲名が行われていたのです。きっと近隣のラーメン屋は大繁盛したことでしょう。
祭りの後はじっくり聴かせるプログラムが組まれて、出演者も少なく一人一人の持ち時間も長めなので、より聴き応えのある高座を期待していました。

1020suzumoto02.jpg

トリの小三治師匠を立てるような淡々とした高座が続いたように思います。
そしてお待ちかね柳家小三治師匠の登場。
持ち時間の大半が雑談でした。いろいろなことを言っていました。
雑誌「男の隠れ家」の取材を受けたとか。この人もこだわりの趣味人のようで、この雑誌のシブい編集方針が気に入っていたようでした。
また最近の落語会の課題は、前座の高齢化だそうです。
あまり我々関係ないのですが、こんなことを話しながら、本題は「粗忽の釘」。でも私のこれまで聴いていた粗忽の釘とはかなり趣が違う。馬鹿馬鹿しい粗忽男の噺なのですが、起伏の少ない語り口でした。
でも笑いました。

注目:二ツ目の林家ぼたんさん
以前ニフティー寄席で観たことがありますが、この人は高座に上がる道中、必ず観客に「いらっしゃい」というような声をかけます。
なかなか元気でメリハリが効いてよい。人物表現も上手い。
女性が落語家を目指すって大変だと思うのですが、大きく育ってもらいたいですね。

今日の一言: 石川や浜の真砂は尽きるとも 我泣き濡れて蟹と戯る
石川五右衛門の辞世の歌だそうです。ホントかな????

プログラムの表紙(右上)は、浮世絵鳥居派九代目家元 鳥居清光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください