国立演芸場5月中席 鈴々舎馬るこ真打昇進披露 5月14日(月)

今年も落語協会では5人の真打を輩出しました。この中で馴染度の高かったのが三遊亭時松改めときんさんと鈴々舎馬るこさん。今回は馬るこさんの日に狙いをつけて行きました。

馬るこさんは世田谷と馴染みの深い人、成城ホールで「新ニッポンの話芸」という落語会をやっているのです。共演者の三遊亭萬橘さんと立川こしらさんはもうだいぶ前に真打となり、馬るこさんが一人取り残されていた。今回その馬るこさんの真打披露なんです。そんな想いで応援に出かけました。

そもそも鈴々舎馬るこという名前が特徴的、でもヨハネやマタイはいない。真打で名前を変えるのかな。さかんに鈴々舎馬ふんを襲名せよという外野の声が聞こえてました。でも意地でも変えなかったようです。開場して中に入ると客の入りは7割位。もう少し入ってもよかったのではと思ってしまいました。

開演して開口一番は前座で柳亭市朗さん。名前からして柳亭市馬師匠のお弟子さんです。演目は『転失気』。調べるとまだ芸歴1年ということで、ほやほやですね。

次が三遊亭伊織さん。三遊亭歌武蔵師匠のお弟子さんということで、一度見たことがあるような。でもこのブログの過去記事には出てこなかった。ま、時々ブログ書きをサボることもあるので、その時に見たのかもしれません。演目は『真田小僧』でした。

続いては柳家小せん師匠です。この人は二つ目の時から知ってるが、もう真打になって幾久しいものがあります。今日は久しぶりに見たが、何やら鰹出汁の効いた芸風になってきた感があります。いい味が出てます。

そしていつもの脱力を訴えるマクラで、只々馬鹿馬鹿しい。わっと笑ってそれでお終い。笑わなくてもお終いということで、演目は『鷺取り』でした。この人、仕草で笑わせることができるようです。

そこで幕が降りて翁家社中の江戸太神楽。しかし最近江戸太神楽が少し寂しい。大御所の和楽師匠が亡くなってから演り手が目に見えて減ったように感じられます。そんな中で若手の和助さんが頑張ってます。それにしてもこの人の首の柔軟性は大したものです。とにかくよく曲がる。それを生かした姿勢で傘回しを演ってました。

続いてが柳家花緑師匠。道具屋の話のマクラから『火焔太鼓』に入りました。かなりハチャメチャです。もともとこの噺は志ん生によって沢山のクスグリが組み込まれてたのだが、これに輪をかけてハメを外す演出でした。何となく真面目そうなイメージのあった花緑師匠のイメードを変えるような一席でした。

そして仲入り前が鈴々舎馬風師匠です。そもそも今日主任が弟子の鈴々舎馬るこさんなので、師匠としての存在を見せる席です。でもこれまで馬風師匠がまとまった噺をしていたのを聴いたことがありません。もちろんYouTubeなどを検索すると、「親子酒」のような根多を話しています。でもいつもというわけではなさそうです。

高座へ上がる時の足取りがなんだか危なそうでした。そして今日も時事ネタを含めた四方山話、というよりも週刊誌的な話題というべきか。そこで言いたい放題言って持ち時間いっぱい喋って下りてゆきました。かゑるから馬になったと言っていたが、馬になってからの高座はこんなスタイルだったのでしょうか。

仲入り後は鈴々舎馬るこさんの真打披露口上です。幕が上がって向かって左から、柳家小せん師匠、柳家花緑師匠、鈴々舎馬るこさん、鈴々舎馬風師匠、そして柳家小さん師匠。そして司会が兄弟子の柳家小せん師匠でした。二つ目の時までは鈴々舎わか馬を名乗ってましたね。

その口上の中で出て来たのが、馬風を継ぐのが馬るこさんという話。でも兄弟子がたくさんいるのではと思って調べると、馬桜師匠や小さん師匠を除くと、あまり目立たない。そして直近の兄弟子が小せんの名跡を継いだから、何となく現実味を感じるのです。でもPodcast番組の「新ニッポンの話芸」で言われている馬ふんはどうなるのかな。

いつもの通り落語家の披露口上は笑いの中で行われます。そこで当の馬るこさんも神妙に下を向いてるのではなく、客席を向いて何か言いたそうに笑いをこらえてるのでした。

口上が終わって一旦幕が降り、ホンキートンクの漫才。そこで漫才師のコンビというのはほとんど仲が悪いということ。自分たちも同様。外からは見えない内情の話なので、ついつい目の前の二人はどのように仲が悪いのかなと、そればかり気になって見てしまいました。でも仲がいい悪いと芸とは別なんですね。

すぐに開いて柳家小さん師匠です。演目は『親子酒』でした。当代の小さん師匠も馬風一門ということなので、馬るこさんにとっては兄弟子、というよりも叔父さんというところなんでしょうね。

そしてトリ前のヒザはアサダ二世さん。いつもの口癖は、今日はちゃんとやります!この人が出てくると下座のお囃子が、身体中の力が抜けるようなまったり感。

寄席の手品はこんな程度ですと言いながら、タネを見せたり失敗したり。そして最後は失敗したと見せかけて、見事決めて、「どうだ、参ったか」と言いながら下りてゆきました。

そして最後が鈴々舎馬るこさん。何を演るのかなと思ってたら、『船徳』が始まりました。馬るこさん古典根多もかなりいじります。そういう興味で聞いてると、さっそく船を借りようとする二人連れの一人は女。そして嫌がるのではなくなんだか面白そう。。。このあたりから本道ではなく、側道を走るような展開になりました。相変わらずこの人は舌の回転が絶好調。サゲまでを一気に駆け抜けてゆきました。

ますます真打以上の人数が増えて、落語界の戦国時代もますます競争が激しくなってるようです。一人一人が自分の芸風を見つけて、人気を取ってくことの大変さは、ファンの目にも明らかなものがあります。馬るこさん、頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です