初笑い2018「神田神保町新春寄席」東京堂ホール 1月6日(土)

今年2018年の初笑いは神田神保町からでした。いつもの「傳承話藝を聴く会」主催の落語会です。

新春の真っ青な空の下だが陽が低い。神保町のすずらん通りは全く陽が当たりません。寒々としているが何となく人通り多く、まだ正月気分が続いています。

開演時刻は14時なのだが、ちょっと早く着きすぎてしまった。でも客席には二人座っているむ。そして今日はお年玉抽選会があるというので、抽選券をもらったら、番号は3番。でもいつも当たらないんだなぁ。以前一度当たったことがあったが、呼ばれた時には景品がなくなってた。でも下手に当たった時は要注意。河豚にも当たるかもしれない。。

さてそのうちに客足も忙しくなって開演時刻にはほぼ満席。この落語会も10年続けてすっかり常連客が定着した感があります。そして開口一番は桂藤兵衛師匠です。まずは正月の挨拶ととともに始まったのがあまり聞いたことのない噺。出てくるのは怠け者の豆腐屋の六さん。

そして出てきたのがお殿様と思しきお侍がいい香りの下駄を置いていった。「仙台高尾」なのかなとも思ったがそうではなさそう。でもこのお侍は伊達殿様で、吉原の仙台高尾を相手に遊んでいた話の中にあるもののようです。

後から藤兵衛師匠に聞いたら、「伽羅の下駄」という演題でした。調べたら、藤兵衛師匠の師匠、林家彦六師の持ち根多だったようです。いずれにせよ藤兵衛師匠の高座では、いつも初めて聴く根多が出てきます。何だかおもちゃ箱の底から、古いおもちゃを取り出して遊んでるような感じですね。

続いては高座にいつもの釈台が置かれて、宝井琴柳先生の講談です。今日の噺は徳力屋という金貸しが出てきて、八五郎がそれに仕返しをする話。落語にもある『五貫裁き』でした。

大岡政談の一つでもあるのだが、徳力屋に下された罰とは実に手が込んでいる。罰というよりも罰ゲームと言った方がよい。徳力屋がその罰ゲームに音をあげたところで示談成立。てな具合です。

同じ話根多でも落語として聴くのと講談として聴くのではずいぶん雰囲気が違う。やはり講談として聴くと笑いよりも、一つの人生感というものが前に出てきます。

仲入り前にもう一つ、今度は橘流寄席文字書家の橘右樂師匠の登場。まずは昔の江戸の寄席事情について。今日は大正から昭和にかけての寄席の話が中心でした。この頃は東京にも沢山寄席があって、各々の席では演し物にも特徴を持たせて競争していたようです。そして昭和の名人として知られる志ん生、文楽、圓生、彦六などの大看板の修行時代の環境ですね。

でも戦災で残ったのは2軒だけで、その中に万世橋の近くにあった立花亭も入っていたそうです。

そんな四方山話の後、会場からのリクエストを受けて色紙に一文字。まずは「笑」でご機嫌伺いです。そのあと出てきたのは右樂師匠の「樂」、そして「壽」、そのあたりからリクエストも凝ったものが出てきました。喜ぶ、ではなく七を3つ組み合わせた「㐂」。そして左馬、「馬」を左右ひっくり返したもの。これは書かないと言いながら、書いてしまいました。お見事!

そして今年の干支の「戌」が出てきたあと、右樂師匠がこちらを向いたので、すかさず「猫」。犬が出たらその後は「猫」しかありません。そんなやり取りで時間が過ぎてゆきました。

お仲入りの後はお年玉抽選会。やっぱり何も当たらなかった。前後の2と4は当たったのに、3はパスされてしまいました。

そして最後のトリは柳亭小燕枝師匠です。その前にさんざん藤兵衛師匠から、墓場行きのようなことを言われてまるで歌丸師匠のような。。。正月はあまり体調よろしくなかったようです。

まずは師匠の先代柳家小さん師や当代柳家小さん師匠のの話。自らの内弟子時代のエピソードを語ってから、碁将棋の話。そして入った噺は『笠碁』でした。これは先代小さん師匠の持ちネタでした。

笑いを織り込みながらも淡々と進むこの話、でも最後のサゲがいつも聴いてるのとは違ってました。二人の隠居が仲直りして碁盤に向かったところで、「かぶり笠取りなよ」。これが本来のサゲだったはずだがここで終わらない。違うサゲの趣向が待ってました。考えてみれば、「かぶり笠取りなよ」は、どうもサゲらしくないので、ここで一趣向入れたのでしょう。

そんなこんなで今日の初笑いの席は終わりました。今年は心を入れ替えて、また寄席や落語会に足を運ぼうと自らに誓ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください