おそれ入谷の鬼子母神 朝顔市 2012

0706iriya01.jpg

お江戸の夏の風物詩、入谷の朝顔市。昨年は震災後の自粛ムードで中止になっていたが、今年は2年ぶりの復活でした。

梅雨の中休みから後半に入り、このところ連日雨模様。今日も雨の中、沢山の人を集めていました。

今年2012年は6日(金)〜8日(日)までの3日間。鬼子母神に面した言問通りを止めての開催です。

真っ昼間よりも夕刻から夜にかけての方が情緒があるのではと考えて、暗くなり始めた時刻にJRの鴬谷から入りました。

さて会場に入ろうとしたら、根岸の交差点のところに気になるカフェが。喫茶室岡埜というカフェが気になり、まずコーヒー一杯と入ってしまいました。

実に洒落たインテリアで、サイフォンで淹れたコーヒーを飲ませてくれたのです。聞けばもう35年以上そこで喫茶室の営業を続けているという事でした。

0706iriya02.jpg0706iriya03.jpg0706iriya04.jpg0706iriya05.jpg

さらに日が暮れて暗くなって夜店の雰囲気が出てきました。言問通りの先に東京スカイツリーも見えるという事で、出てみると小雨に霞んでかろうじて見えると言う程度。

鴬谷から見て会場の向かって右側が、朝顔の露天。左側が食べ物の露天という具合です。傘をさした人が沢山往来していました。

まず右側の露天を冷やかしながら鬼子母神に入る。そこで参拝してから、記念のお守りを購入。狭い境内にはあんどんの鉢植えが所狭しと並んでいました。

0706iriya06.jpg0706iriya07.jpg0706iriya08.jpg0706iriya09.jpg0706iriya10.jpg

再び歩道に出て露天をひとつひとつ覗き、そこであんどんの鉢植えを一つ購入。「団十郎」と注文したら、団十郎もいれて4種類の品種の入ったものが出てきたのでした。

そして入谷の交差点まで行くとそこで交通止めをした会場は終わっていました。先には更に暗くなった空の中にスカイツリーが霞んで見えるという具合です。

0706iriya11.jpg0706iriya12.jpg0706iriya13.jpg0706iriya14.jpg

0706iriya17.jpg0706iriya16.jpg0706iriya15.jpg

あとは道路の反対側の食べ物の露天を見ながらもう一度根岸の交差点まで戻り、再度入谷の交差点へ行って、鉢植えを持って帰宅しました。

さてこれが上手く咲いてくれるかお慰み。毎朝たっぷり水をやってくれと言われたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください